自己流ダイエットの罠

ついしがちな自己流ダイエット!

〜自分の体、いじめてませんか?〜

私が耳つぼダイエットと出会う約10年前、私の体重は70kgありました。

同世代の子と並んだ私の顔と体の大きさは一目瞭然

そして17歳の時、留学前にどうしても痩せたいと見つけたのが、当時大流行していたDVDエクササイズです。
頭痛がしようが、お腹が痛かろうが、風邪を引いてようが、どうしても変わりたかった私は毎日エクササイズを行いました。

今でも忘れない8月の猛暑日、窓を閉め切ったサウナ状態の部屋で黙々と行い、食事制限も極端なものでした。朝は普通量、昼はカップスープ一杯のみ、夜はサラダ少し。

そして、2ヶ月で−12kg, 58kgまで減量しました。当時、体重だけしか見ておらず体脂肪の増減は分かりません。

16歳に見られたことがなかった16歳当時の私

問題はその後。
バランスをよく考えず極端な食事制限をした私は、貧血立ちくらみに悩まされるようになりました。

「前はこんな事なかったのに…」

実は今でも完治しておらず、時折立ちくらみがあります。

 

自己流ダイエットは皆さんがしがちな事ですが、極端な食事制限をすると、筋肉の衰え骨粗鬆症生理不順便秘肌荒れ抜け毛など、様々な症状が出てきます。
逆に、自分の身体をいじめることになるのです。

しかし、皆さんが変わりたい、綺麗に痩せて周りを見返したいという強い想いは私も経験済みなのでよくわかります。
10年後耳つぼダイエットに出会い、そこでようやく自己流ダイエットの危険さを知りました。

皆さんも自分でダイエットをする前に、一度立ち止まり、じっくり考えてみてはいかがでしょうか。

 
オーナービフォーアフターオーナービフォーアフター
 

ホームへ戻るホームへ戻る

ブログへブログへ